ESP Custom Lab CINNAMON
より楽器的に音作りをしたい。そんなプレイヤーの望みに応える事を目標に、CINNAMONは開発された。「ブーストしたいトレブルとカットしたいトレブルは違う」。アクティブ派のプレイヤーの長年の悩みを一気に解消したのが、「トレブルカットはパッシブトーンにする」と言う発想だ。これは同時に、サーキットスルー時にもトーンは機能するという副産物も生んだ。Hi-Fiなモダントーンから、暖かいヴィンテージトーンまでカバーする、まさにハイブリッドと呼ぶに相応しいサーキットといえる。 アクティブコントロールとして、トレブルは5kHzを中心に、ベースは80Hzを中心に、ゲインの変化に伴い、ほどよくカットされ(トレブルカットはパッシブ)、感覚的な操作感を重視している。ミッドは音程感を司る630Hzに絞り、±12dBブースト・カットされる。トリム・ポットの使用により、-3dB~+9dBのOUTPUTゲイン調節も可能。
付属品 : コントロールポット、電池スナップ、アウトプットジャック